2019年11月14日

此の世は地獄であるといたのが、一千二百前に活躍した惠心僧都であった

惠心僧都が、農業の家にうまれた子どもは、偉い僧侶になったのです。ときは今から1200年前の事でした。
天慶5年(942年)、大和国北葛城郡当麻[2]に生まれる。幼名は「千菊丸」。父は卜部正親、母は清原氏。
天暦2年(948年)、7歳の時に父と死別。
天暦4年(950年)、信仰心の篤い母の影響により9歳で、比叡山中興の祖慈慧大師良源(通称、元三大師)に入門し、止観業、遮那業を学ぶ。
天暦10年(956年)、15歳で『称讃浄土経』を講じ、村上天皇により法華八講の講師の一人に選ばれる。そして、下賜された褒美の品(布帛〈織物〉など)を故郷で暮らす母に送ったところ、母は源信を諌める和歌を添えてその品物を送り返した。その諫言に従い、名利の道を捨てて、横川にある恵心院(現在の建物は、坂本里坊にあった別当大師堂を移築再建)に隠棲し、念仏三昧の求道の道を選ぶ。 そして往生要集を編纂されて、宗祖真盛上人の宗派を確立されて、現在では天台真盛宗として弘められています。その往生要集には、地獄の世界を絵と物語で綴られています。
 悪行を止め、善行を修めること、止悪修善と言う言葉を発せられたのです。
更に法然上人は、廃悪修善これ諸仏の通戒なりといえども、その時に生きた人々に戒められて、往生かなわじと申されたのです。
人々が罪悪を問題視するために、悪を止め、善をすすめる仏法に帰依して、戒律を守るくらしをすることが救われることだと教え諭してくれているのです。
posted by 玉泉寺 at 14:10| 日記

2019年11月13日

道心の中に衣食あり、衣食のなかに道心なし

道心とは、仏教を学び実践する心をいい、衣食とは、衣食住の生活環境のことです。
 道を求めて努力を重ねる向上心があれば、その目的を達成するのに必要な衣食住は、十分とはいえないまでも、おのずとついてくる、一方いくら生活に恵まれていても、その生活の中からは、むしろ安逸に流されて、道を求め、自分を高めようとする心は起きてこないということです。
 現在の私たちの生活は、物質的に大変豊かになりました。不景気、不景気といわれながら、巷には物が溢れています。にもかかわらず不安感が漂っています。政治、経済、教育、医療、治安などに対する様々な不信が渦巻いています。
 さらに、科学技術の進歩は多くの利便性を私たちにもたらした反面、人々から想像力を奪い、人を思いやる心を著しく低下させてしまいました。不安に駆られ、自己中心で感謝の心を失った人間が増え、思い通りにならないとその不満を、他人への怨みに転化させます。 次々と起きる凶悪な事件の背景には、人格を養う教育が軽視されてきたことがあるからではないしょうか。
 本来、親がきびしいしつけ、教育をして、人としての生き方や迷惑をかけてはならないことを教えていかねばならなかったのですが、親父は仕事に熱中するばかりで、配偶者は、家事と子どもの世話という暗黙の分担で、家庭の機能が失われてきたのではないかと思う。今では、共働きの家庭が増え、子どもの教育は学校にまかせ、高学歴の偏重で親と子ども関係が失われてきました。だから自己中心の人たちが増えてきたのだと思う。
はんぐりと言う言葉が一時ありました。意味は腹ぺこです。腹ぺこであるから、自分を高めて行く、プロスポーツを目指す人は、はんぐり精神で求めて行きます。だから成就できるのですが、名が売れてくるとおごりの境地と成り、堕落して行く選手をよく見かけます。大豪邸に住む人たちには、道心の心がなくなり、身の破滅を招くものと1200年前の伝教大師が説いているのです。

posted by 玉泉寺 at 09:22| 日記

2019年11月10日

観音経を読む功徳について

観音経を読むことは、観音様の功徳を授けてくれるのです。
今、観音経に次のことが記されています。
若し、悪人に追われてあなたを山の頂上に追いやられて、突き落とそうされたとき、観音様を念ずれば、悪人に突き落とされることがなくなります。とかもし賊が刀であなたを切りつけられようとしたら、観音様を念ずればすぐに慈悲の心を起こしてやめてくれますとにわかに信じられないことが起こると書かれています。
 白隠禅師もこの経を読んでうそだと思ったと書いています。がしかし白隠禅師がやがてこの経に真実が書かれていることに悟るのです。すると信じられないことが起こり、病気も治り、家内も安泰になるのです。
 一度試してみてください。本当に信じ、仏と一体になれば功徳は、必ず得られるとお釈迦様はとかれています
posted by 玉泉寺 at 03:50| 日記

2019年11月08日

明日、御十夜をつとめます

明日、午後2時より御十夜をつとめます。この法要は、今年一年の無事なる生活を感謝して、先祖供養をいたします。
ご先祖様の法名をお唱えして、仏の教えを聞き、さらなる幸せなる生き方を祈ります。
その仏の教えとは、
称名のコ用は、無尽にして、一心不乱の窓の前に、聖衆来迎の月皎々たり、十劫正覚の臺のもとには、金蓮開敷のみず冷々たり・・・・
解釈すると。念仏を一心不乱に唱えると、来迎の月が皎々と輝けり、果てしない悟りのところに黄金に輝く蓮華の水を飲むことができる。
生きると言うのは、なかなか思いどおりにいかないものです。そこに苦しみが生まれて来るのです。そんな世の中にくらす私たちに心安らぐ場が必要になってくるのです。それがお寺ではないでしょうか。
年一度行います御十夜がそうだと思います。
 先祖様に感謝の念で、念仏をお唱えしませんか。
また説教もありますので、是非お参りください。
posted by 玉泉寺 at 11:23| 日記

2019年11月07日

あるがままに生きよう

行雲流水
ゆうゆうとのんきそうに流れゆく雲のように気分はすっかりと明るく生きて行きましょうと言う意味です。
この娑婆世界で生きると言うことは修行であり、行く雲のように、流れる水のごとく、無心になって無碍自在で有ることを示した仏法のあるべき姿を求めて行くのであります。
ああ。風に任せて大空をふわふわと生きることができたなら、どんなに心地よいことでしょう。

玉泉寺哲基
posted by 玉泉寺 at 07:24| 日記

2019年11月03日

すべての物の命の感謝7と先祖供養

11月9日土曜日の午後2時より、玉泉寺で御十夜をつとめます。
この法要は、今年一年の総決算で、私たち人間が豊かに暮らしてきた幸せに感謝する法要です。
私たちは、自然の中で作られた作物の恩恵で恵まれてきたお陰で、命が守られて、無事に過ごしてきました。
そのものの命に感謝して、人々が集う悦びを感じてもらう為に、お念仏を唱えて、心の安らぎを感じていただきます。
仏様には、おやさい、お米を奉納して、天地の恵みを感謝します。
そして、人々が仏の教えを聞いて、教養を高める説教をいたします。
説教師は、近江八幡に居住の西澤義博上人にしていただきますので、是非お参りください
posted by 玉泉寺 at 07:20| 日記

2019年11月01日

人間は偽りと無駄口をつくもの

人の口から、他人を傷つけることばを次から次へと飛び出すものです。その場の雰囲気で、言葉というものは非情です。心にもないない事を言ってしまうものです。
あとで、あんなことを言うべきではなかったと後悔する。いったん口から出た言葉は、もう戻ることはない。口から口へと転がされてゆくたびに大きくなって、あっと言う間に人を傷つけてしまう。「口ほど恐ろしいものはない。といわれるのもごもっともです。
偽り、無駄口、悪口、二枚舌、これらは人を傷つけ我が身に災難を招くもとになるので、佛教ではこれらを離れる努力をしない限り、正しい生活ができないことを説いています。
 本当のことを曲げてつくりごとを言うのが偽り、役にのたたないおしゃべりが無駄口、人をののしれtうぃmすり悪く言うのが無駄口、うそを言うのが二枚舌です。
これらはみな、悪い結果を招き、人々の幸せのために役立たないばかりです。それ故に口を慎む、口を滑らす、口は災いのもと、と言う言葉がお経の中からうまれています。
posted by 玉泉寺 at 10:57| 日記