2020年10月24日

毒蛇にきをつけよ(お釈迦さまのエピソード)

お釈迦様が、弟子の阿難と托鉢修行をしていた。
その道々で「そこに、毒蛇がいるぞ。かみつかれぬように」
「ハイ、心得ております」
驚いた男は、”毒蛇”の所在を確かめようと、道路のほうへ回って、恐る恐るのぞいてみました。
“はて、ところで毒蛇はどこだ?”。と探しに道へ出ると、近くの大木の根元に、まばゆい金銀財宝が顔を出しているではありませんか。
「これが毒蛇……?昔、だれかが埋め隠したのが、大雨で洗い出されたに違いない。こんな宝を毒蛇と間違うとは、釈迦も、まぬけやろうだ」
“一生働いても手にできないほどの財宝、逃す手はない”。目の前に横たわる宝物に心奪われた男は、早速、掘り返し、持ち帰る。
男の生活は、たちまち華美になり、豪奢な家や家財、贅を尽くした食事、振る舞い。近隣から不審の立たぬはずはなく、うわさは大風にあおられた火事のように広がり、ついに王の耳にも入りました。
法廷に呼び出され、厳しい詮議に音を上げた彼は、すべてを白状しました。
「かかる大枚の財宝を横領するとは、許せぬ大罪。死刑に処するが、三日間の猶予を与える」
激怒した王から言い渡された罪状を、帰宅した男は家族に告げた。
「ああ、ブッダ・シャカムニはやはり偉かった。あれは間違いなく毒蛇だった。オレがかみ殺されるだけでなく、家族にまで毒がまわり、大変なことになった。家族そろって平和に暮らせるのが何よりだ。財宝が、かえって身を責める道具になった」
“毒蛇”の深意が身にしみた男は、心から懺悔した。豪邸も財物もごちそうも、一切が喜べなくなり、ただ、家族と嘆き悲しむのみだった。
人間には五欲はあります。食欲、財欲、名誉欲と利益欲、睡眠欲のこと。これを欲張りといいます。
欲張ると我が身を滅ぼすという教訓です。お釈迦さまは、小欲知足という言葉でもって、戒められたのです

posted by 玉泉寺 at 07:51| 日記