2020年10月20日

念仏のこころ

秋風が吹き渡り、こころ穏やかになりつつ、身の冷たさを感じるころになりました。
死にそうな暑さから解き放たれた気がします。そんななか、秋の静けさのなかに、念仏を教えにしたしみませんか。
法然上人は、念仏を唱えることで、こころの静けさを感じ、毎日念仏を唱えることを勧められてこられました。そして開祖真盛上人も、念仏には、こころ清められることを後世に伝えてこれられました。
    かかるめでたき念仏を、浮き世のよそに見る人は、たからの山に入れながら、
                            手をむなしうしてかえるがごとし
念仏というのは、大変ありがたいものであって、せっかく宝の山にあるにもかかわらず、念仏を唱えないものは不幸なことであるというと意味と有ります。念仏が、くるしみ迷う世界にいきていいる凡人にとって、すくわれるものであることを説いておられる。
 有る女性のかたで、容姿が悪く、いいたいここともいえず、相手から言われるままになって、反論もできない。そんな日々を暮らしていて、もう死にたいといつも、電話の向こうから話されてきます。私がこの世に生きていることのつらさを私にぶつけてこられます。返事に苦慮しています。リストカットも何度もされています。
その方は、真言二は詳しく知っておられて、縁切りの仏様の真言を教えてくださいと言われますので、教えて差し上げますと、何度も唱えたり,写経したりして、こころの穏やかさを求めて,今も元気に過ごされています。
救いを求めて仏様を名を唱えることが念仏であり、一心不乱に唱えれば、身のすがすがしさを感じて、今日の生きる喜びが満ちてくることが宝のやまではないでしょうか
posted by 玉泉寺 at 09:34| 日記