2020年01月30日

生きるとは食事をする

私たちは、食事をすることで生きると言うことです。その食事には、たくさんのご恩があります。お米は、農業をするひとがいて、肥料をまき、自然のめぐみである太陽、水がなければ、お米ができないのです。そのおかげで、私たちはお腹いっぱい食べる事ができるのです。
僧侶になるために、厳しい修行をしなければならない。身体をきよめるために水をかぶったり、自然の神様に祈りを捧げるために、夜通し歩いて、社の前で心経を唱えたり、お堂の中では、仏様の真言を何千回ととなえたりします。そして有一楽しみの食事を取ります。食事作法には、五観の偈を唱えます。それが次の通りです。
一、計功多少 量彼来処 : 功の多少を計り、彼の来処を図る
二、忖己コ行 全缺應供 : 己が徳行の全欠を忖って供に応ず
三、防心離過 貪等為宗 : 心を防ぎ過を離るることは貪等を宗とす
四、正事良薬 為療形枯 : 正に良薬を事とすることは形枯を療ぜんが為なり
五、為成道故 今受此食 : 成道の為の故に、今この食を受く

「意味」
一、この食事がどのようにしてできたかを考え、食事が調うまでの多くの人々の働きに感謝します。
二、自分の行いが、この食を頂くに価するものであるかどうか反省します。
三、心を正しく保ち、あやまった行いを避けるために、貪りなど三つの過ちを持たないことを誓います。
四、食とは良薬なのであり、身体を養い、正しい健康を得るために頂きます。
五、今この食事を頂くのは、己の修行を成し遂げるためです。
是れは、食事をするのに、あなたは食事するだけの人ですかと自問自答をしながら、唱え、食するのです。
僧侶は、必要最低限の生活をすることです。贅沢は禁物です。だからこそ人々に法話をして、安らぎを与えるのです。
posted by 玉泉寺 at 19:56| 日記