2019年12月26日

お寺とのご縁を大切にしたい

執着することで視野が狭くなる。その視野を広げるのが信仰の力。私がどうこうするのではなく、お寺に来た人と仏様の縁を結ぶことが役割だ」と言う。とある住職が言われています。私もそう思います。
お寺に来て、ほっとする。仏様の姿を観て感動する。伽藍をみて、感動する。など。人々の思いは様々である。
今、電話で、二人の相談を受けています。その方は、生きるつらさを私に訴えてきています。その訴えを静かに聞くようにしています。そうすると、心穏やかになられて、再び電話をかけてこられています。無事なことがわかり、私も安心しています。
 人々が安心して暮らせるように願うのが、おてらの役割だと思っています。
posted by 玉泉寺 at 11:10| 日記