2019年11月18日

十善戒の教え

 私たちには、よい習慣を見つけることです。よい習慣とは、悪いことをしないことです。だけど、悪い行いをしてしまうのが人間だからです。その悪い行いをするのが身口意の感覚器官を持っているからです。

➊ 身体において、殺生(殺すこと),偸盗、(盗むこと),邪淫(男女の交わりのよこしまなこと),
➋言葉においては妄語(うそをつくこと),両舌(仲たがいさせることばをいうこと),悪口(わるくちをいうこと),綺語(でたらめをいうこと),
➌意においては貪欲(むさぼること),瞋恚(怒ること),邪見(誤った考え方をすること)の,それぞれをなさないことである。

 この十善をきびしく守ることを十善戒といい,江戸時代後期の慈雲が広く説いた。国王,天皇,またはその位を十善というのは,前世で十善を行った功徳によってその位についたと考えられたからである。
地獄、極楽、どこにある 鬼も仏も我が身にある
自分の心の中に、地獄と極楽が同居して、わるい心を起こさないようにするのが修行であり、仏様に救いを求めることであると信じていただきたい。
posted by 玉泉寺 at 14:00| 日記