2019年11月29日

慈悲喜捨の心

ある時、他課に追われた鳩が、王様のふところに飛び込んできました、憐れみ深い王様は、その鳩を鷹から守ってやろうとと思い、ふところに隠しいれました。
鷹「その鳩を返してください。其れは私の夕食なのです。」
王様「私はすべてのものを憐れみ、かたよった心もなく、慈悲でもって身を修め、布施の行をしている。生あるものが殺されるのをみていることができないし、また殺すこともできない、だからこの鳩をあなたに与えることができない。」ときっぱり断りました。
鷹「わたしも生あるすべてのものの中に入るものではありませんか。慈悲平等の行をしているのでしたら飢えに苦しむ私をも憐んでくれるのが当然でしょう。」と鷹が詰め寄りますと王様はこの道理にうなずかざるを得ませんでした。
王様「鳩の命を救い、高野飢えをも満たしてやらなければならない。どうしたらよいだろう。」と思案されました。では、王様は私の股の肉を切って差し上げよう、
と股の肉を切って鷹に与えますと、
鷹「この肉はわずかしかありません。到底、鳩の肉の量に及びません。」と鷹は王様にくい下がりました。
王様は、秤をもって、鳩の重さに釣り合うように、自分の肉を切り取ってはかりはじめました。ところが鳩の重さは重く、王様の背中の肉切れるところはすべて切ってしまい、筋と骨ばかりになり、力尽きて地に倒れてしまいました。
今、ここで我が身わが身体を惜しんで鷹に与えることを惜しむならば、やがて餓鬼道の苦しみに墜ちねばならない。その苦しみの方がはるかに重く、山のごとくになるであろう。
王様はどうしてこの我が身を鷹に捧げることを惜しめようか。我が身を捨てる思いで、鷹に捧げよう。
 そうしたら、大地が大きく揺り動き、空から美しい花が降りそそがれました。そこに諸天善神があらわれ、王様の布施の功徳を賛嘆され、鷹は帝釈天に、鳩はビシュカツマ天に変じました。帝釈天は、王様に言いました。「この身体のきずは痛みとなって、今あなたを責めているいるに違いない。あなたは後悔していないか。」と問われました。
王様「いえ、少しの悔いも、苦しみ痛む思いはありません。」
帝釈天「私は信じられない。どうして苦痛を感じられないのかその証拠を見せてくれ。」
王様「私の言葉が嘘偽りであるのなら、このきずが治りません。もし私の言葉、心、布施の誓いがまことであるなら、このきずは平癒するに違いない。すると王様のきずがたちまちにきずなき身体に変わったのでした。
この王様は、お釈迦様だったのです。
 我が身、我が物を与えて、少しも欲を求めない人生と我が身、わがものを惜しんで更に欲を貪る人生とは、まったく逆の路線を走ってゆきます。その終着駅は仏様の喜びの境地と餓鬼道の苦しみにと分かれて行きます。だからこそ、あなたはどれだけ人のために自分のことを捨てることができれば、あなたの幸福へと導いてくれることでしょう。

posted by 玉泉寺 at 08:55| 日記